ホーム > 百沖CD

百沖CD

  • 14_CD_Cam_Nenes ネーネーズ『IKAWU』(百沖CD)

    沖縄民謡のエポック・メイキング的作品! ネーネーズ鮮烈のデビュー作 ネーネーズは1990年に島うた界の重鎮、知名定男氏のプロデュースの元、古謝美佐子、宮里(現 吉田)康子、宮里奈美子、比屋根幸乃の4人で結成。’90年代の沖縄音楽隆盛の一翼を担った(現在はメンバーを一新)。本作『I …

    ,,,
  • 10_CD_CA_Nakuni_320 富原盛勇『富原盛勇のナークニー』(百沖CD)

    後世の唄者に多大な影響を与えた 大正期の名人、幻の音源 「ナークニー」は本来、歌詞も節回しも演奏方法も歌い手によって変わり、唄者の個性で聴かせる沖縄民謡でも特別な1曲となっている。富原盛勇による「ナークニー」は、当時としては斬新な三線の掛弾き奏法で名を馳せ、普久原朝喜など後世の唄 …

    ,,
  • 12_CD_Cam_saraban 玉栄昌治『さらばんじでむぬ35歳』(百沖CD)

    琉球古典音楽の重鎮 「さらばんじ」35歳の貴重な録音!! さらばんじとは沖縄の言葉で「真っ盛り」の意味。今作は琉球古典音楽の重鎮、玉栄昌治(1920−2007)の35歳の時の勢いと伸びのある歌声が収められている。当時は戦後まだまだ貧しい時代で、この録音テープは近所中の人たちがダビ …

    ,,
  • 12_CD_Cam_ASA V.A.『朝 比呂志作品集』 (百沖CD)

    「ちんぬくじゅうしい」、「ヘイ!二才達」など名曲を残した 朝比呂志作詞のオムニバス作品集 実兄の作曲家で音楽プロデューサーの普久原恒勇の誘いで作詞を始めた朝比呂志は、八八八六(サンパチロク)の琉歌の形式ではなく、自由詩でありながら沖縄を感じさせる作風で「ちんぬくじゅうしい」「ウー …

    ,,
  • 08_kugani_JK 登川誠仁『独演会』(百沖CD)

    登川誠仁の名盤 曲間の軽妙なトークもお楽しみください 2001年3月30日、沖縄市のアシビナー・ホールで開催された「登川誠仁 独演会」のLIVE収録版。登川誠仁の卓越した三線と歌の妙技を堪能できる。曲間のMCも曲の解説をしながらもジョークを挟み観客をどんどん引込んでゆくのが誠小流 …

    ,
  • 11_CD_Ohshiro 大城美佐子/瀬良垣苗子 『絆』(百沖CD)

    沖縄民謡界の女王的存在 ふたりによる夢のデュエット集 同世代で尚且つデビューもほぼ同時期である大城美佐子と瀬良垣苗子による、一度限りの貴重なコンビ唄CD。大城美佐子は伸びやかな高音が「絹糸の声」と評され、芸歴57年を迎えた現在も全国を飛び回って活躍。瀬良垣苗子は「ナビー」の愛称で …

    ,,,
  • 12_CD_Cam_uchichu 田場盛信『御月前 田場盛信ベスト』 (百沖CD)

    歌謡調民謡という新しいジャンルを 民謡界に確立した田場盛信のベストアルバム 田場盛信は1972年に「島の女(ひと)」を発表し、その甘い歌声とルックスで女性を中心に人気歌手となった。この「島の女」が歌謡調民謡のヒット第一号といわれている。田場はこの作品以降も次々と新曲をヒットさせ、 …

    ,,
  • 11_CD_Miyara 宮良康正 『八重山ぬ心』(百沖CD)

    朗々とした日本一の歌声 八重山民謡名選 かつてNHKのど自慢全国大会民謡の部で民謡日本一となった、八重山群与那国島を代表する歌者宮良康正。今年は後世へ歌い継いでほしい曲を丹念に録音した2枚組CDの発表と、その完成を記念したコンサートが7月に予定されるなど、芸歴50年にして益々勢い …

    ,,
  • 06_CA_Nakasone 仲宗根創『歌ぬ糸』(百沖CD)

    衝撃の1stアルバム「アッチャメー小」から13年ぶり、 待望の2ndアルバム!! 3歳の頃から民謡を歌い始め、 12歳の時に「アッチャメー小」でCDデビュー。 当時は中学生ながら、確かな歌、 三線の技術をもち天才少年と言われた仲宗根創。 25歳となる現在も民謡への情熱は変わること …

    ,,
  • 11_CD_Nariyama_JK_320 仲宗根 豊 『あぁぐ』(百沖CD)

    【仲宗根 豊/あぁぐ】 CODE: 30NCD-25 PRICE: 3,000円(tax in) 宮古民謡界の巨匠、国吉源次を師とする仲宗根豊のファースト・アルバム。宮古来間島出身。居を八重山にかまえ「あぁぐ」を歌う。「命をまっとうした珊瑚からできた星砂に、今一度命を与えるように …

    ,,
ホーム > 百沖CD