ホーム > プレビュー > DISC Preview > ウチナー・ジャズ・オール・スターズ 『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』

ウチナー・ジャズ・オール・スターズ 『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』

,

Share on Facebook

沖縄本土復帰50周年、沖縄ジャズ界のスターが一同に会し、
ウチナー・ジャズの熱きビートを届けます

戦後、アメリカ軍から沖縄にもたらされたジャズは、1950〜60年代に興隆を極めた。アメリカ、フィリピン、東京から入ってきたジャズ・ミュージシャンたち。その演奏に接し沖縄の演奏者たちも徐々に実力を付け、屋良文雄や上原昌栄ら名プレイヤーを排出した。沖縄の戦後史とともに、物語を紡いできたウチナー・ジャズを伝えるべく、2008年にリリースされたアルバムが『ウチナーJAZZ!』だった。

そのリリースから14年、ウチナー・ジャズのバトンを受け継ぐべく、沖縄本土復帰50年を迎えた2022年、ウチナー・ジャズ・オール・スターズによるアルバム『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』がリリースされる。沖縄の新しい世代のビッグ・バンド・ジャズを牽引する真栄里英樹がプロデュースを担当、80代から90代の沖縄ジャズ界のレジェンド・ミュージシャンたちと融合した、ウチナー・ジャズの新たな時代の扉を開くアルバムだ。

本作の演奏は、真栄里英樹 BIG BAND、ドラマーの上原昌栄(86歳)、2022年に92歳となるアラン・カヒーぺ参加のJIJI324や、長きに渡りウチナージャズを牽引してきたテリー重田(81歳)のテリー重田カルテット、そして故屋良文雄氏の息子の屋良朝秋の寓話カルテット、さらにボーカリスト安富祖貴子らが参加している。

収録曲は、沖縄民謡から「ヒヤミカチ節」や「でんさ節」、1969年4月NHK「みんなのうた」で放送され話題となった「えんどうの花」、慰霊の日には欠かせない名曲「月桃」、「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブジャズ」などのスタンダード、そして今作のための書き下ろしのオリジナル「ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン」など全15曲を収録、沖縄が世界に誇れる、ウチナー・ジャズならではのオリジナルティー溢れる内容となっている。『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』で沖縄の歴史と幾多のストーリー、そしてウチナー・ジャズの未来を感じて欲しい。

【ウチナー・ジャズ・オール・スターズ/チナー・ジャズ・ゴーズ・オン】
ARTIST:ウチナー・ジャズ・オール・スターズ
CD TITLE:『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』
RELEASE:2022年6月22日
PRICE:3,300円(tax in)
CODE:RES-339
詳細:『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』Website
備考:28pブックレット封入 アルバム解説、曲解説、ヴォーカル曲の歌詞付き
   2022年3月「那覇文化芸術劇場なはーと」にて録音

【ウチナー・ジャズ・オール・スターズ 『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』収録曲】
M.01 ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン(オープニング・ヴァージョン/オリジナル曲)
M.02 ヒヤミカチ節 (沖縄民謡)
M.03 月桃 (ボーカル:安富祖貴子)
M.04 かりゆし(ロング・ヴァージョン/オリジナル曲)
M.05 ウチナー、ワンダフル・トゥナイト (オリジナル曲)
M.06 マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ (スタンダード曲)
M.07 えんどうの花 (ボーカル:安富祖貴子/沖縄歌謡)
M.08 でんさ節 (沖縄民謡)
M.09 童神~天の子守唄~ (沖縄音楽)
M.10 ミッドナイト・イン・コザ (オリジナル曲)
M.11 レキオス・ブルース(オリジナル曲)
M.12 シング・シング・シング(スタンダード曲)
M.13 かりゆし (ショート・ヴァージョン)
M.14 ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン (エンディング・ヴァージョン)
M.15 酒とバラの日々(スタンダード曲)(ボーナストラック)

演奏:真栄里英樹 BIG BAND:①②③④⑤⑫⑬⑭
   17名編成:5sax、4tb、4tp、pf、gt、bass、dr
   屋良朝秋 寓話カルテット:⑨
   pf:屋良朝秋、a.sax:Bun岩崎、bass:比嘉辰雄、dr:津嘉山善栄
   テリー重田カルテット:⑧⑩
   t.sax:テリー重田、pf:玉栄政昭、bass:⻄川勲、dr:津嘉山善栄
   JIJI324:⑥⑪
   t.sax:アラン・カヒーぺ、pf:宮里政雄、bass:⻄川勲、dr:金城吉雄 ※324とは4人の年齢の合計
   アラン・カヒーぺ&宮里政雄

ウチナー・ジャズ・オール・スターズ「ヒヤミカチ節」 MV

ウチナー・ジャズ・オール・スターズ「月桃」 MV

ウチナー・ジャズの歴史
第二次世界大戦後、沖縄を統治下に収めたアメリカは、基地内外でさまざまな娯楽行事を実施しました。その一つがジャズコンサートであり、カウント・ベーシー、ルイ・アームストロング、ライオネル・ハンプトンなど大物ミュージシャンが沖縄に来ました。また、フィリピンからも多数のジャズ・ミュージシャンを呼び、コンサートを行いました。本作のレコーディングでテナー・サックスを演奏しているアラン・カヒーぺも、フィリピンから1951年に沖縄を訪れ、以降も帰国することなく、現在に至ります。

沖縄ジャズの歴史は、終戦の年(1945年)、アメリカ軍が地元の芸能人を集め、琉球芸能連盟を結成させたことから始まります。1947年12月には、正式にプロのバンドとして「南の星バンド」が登録され、嘉手納のグリフィン劇場(野外)のステージを踏んでいます(当時の出演料は、ラッキー・ストライク2ケース)。

その後、1950年代に入るとジャズは隆盛を極め、基地内のクラブは増え続け(最盛期で36ヶ所)、さらに多くのジャズミュージシャンが必要とされました。そこでアメリカ軍と時の政府は、地元でのジャズミュージシャンの育成に乗り出し、中学、高校で吹奏楽部に所属していた者たちがその要望に応えました。最初はジャズ独特のグルーブやノリが解らなかった為、カカシ(楽器を演奏している振りをして立っているだけ)としてステージに立ちました。そんなジャズビギナーも、基地で手に入れたレコードや、アメリカ、フィリピン、そして東京から来るミュージシャンの演奏に接するにつれ、徐々に実力を付けて行きました。

当時、ジャズミュージシャンは花形でした。給料が公務員の2~3倍あったからです。1950年代から(特に1952年から1955年に掛けてミュージシャンの数は増えて行き、1958~59年には15のビッグ・バンドがありました。)60年代は沖縄中でジャズが聞かれ、ミュージシャンは夜10時頃に基地内での演奏が終わると、今度は基地の外のキャバレーで演奏を続けました。まさに沖縄ジャズの黄金時代であり、アメリカ人のみならず沖縄の人々にとっても、ジャズは特別な音楽ではなく、大変身近なものとして広く愛されていました。

1972年の日本復帰以降は、予算の削減から基地内のグラブ景気は衰退の一途をたどり、ミュージシャンの解雇も相次ぎました。その後、ホテルのラウンジなど民間の施設に演奏の場は移り、1980年以降は、ピアニストの屋良文雄の活躍もあり、ジャズイベントが定期的に行われ、またジャズを中心に演奏するライブハウス(「寓話」「インタリュード」など)も活況を呈する様になりました。現在、ベテランから若手ジャズミュージシャンの活躍もあり、ウチナージャズの火は消える事なく、熱く燃えています。

【真栄里英樹 Profile】
沖縄県那覇市首里出身。東京コンセルヴァトアール尚美卒業。 東京でのフリーランス活動後、帰沖。現在はトロンボーン奏者 として「ディアマンテス」「津嘉山正明 & スパイス」などのバンドに在籍。また沖縄県内外のアーティストのサポートやレコー ディングに多数参加している。近年では作編曲へも力を入れ2008年 CD「ウチナーJAZZ!」へ アレンジを提供。2011年には作曲家、普久原恒勇氏の「作曲活動50周年コンサート」にて全編オーケストラの編曲と指揮を担当する。2017年琉球新報の コラム「落ち穂」へ半年間寄稿するなど活動は多岐に渡る。2012年沖縄ジャズ協会副理事長、2016年同協会事務局長。ジュニアジャズオーケストラおきなわ那覇ウェスト講師。2016年「真栄里英樹 BIG BAND」を立ち上げ、イベントやライブにて好評を博している。

沖縄LOVEweb INFORMATION


エンドユーザーに届き、しっかり伝わる情報発信! 沖縄LOVEwebへのお問い合わせ&掲載依頼はこちら!!
沖縄LOVEwebへの情報掲載


沖縄音楽旅行をWEBで! バックナンバー入手も可能!! 沖縄音楽旅行全43巻 全巻コンプリートしてください!
沖縄音楽旅行 WEB版 Back Number 一覧はこちら


BEGIN、ORANGERANGE、MONGOL800など沖縄アーティストへのインタビュー動画、随時更新!
沖縄LOVEwebTV YouTubeチャンネル


沖縄カルチャーの広告塔 幸田悟による沖縄アーティスト・ロングインタビュー完全版!
沖縄タイムス電子版連載|幸田悟の沖縄音楽旅行+プラス

コメントは受け付けていません。

ホーム > プレビュー > DISC Preview > ウチナー・ジャズ・オール・スターズ 『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』