ホーム > プレビュー > DISC Preview > 村上紗由里『すいかずら』

村上紗由里『すいかずら』

,

Share on Facebook

村上紗由里は、70年代の日本のフォーク創成期を支えたレーベル
「ベルウッド・レコード」と「オフィス・オーガスタ」が
満を持して世に送りだしたシンガーソングライター。

彼女の待望のセカンド・ミニアルバムが『すいかずら』が
2017年5月10日にリリース!!

昭和歌謡からフォーク・ソング、ニュー・ミュージック、そして現代のJポップス……。
戦後72年の日本の流行歌謡史を回顧しつつ
平成の世に新しい音楽を産み落としたかのような作品だ。

リード曲の「忍冬 すいかずら」は、まさに昭和歌謡感をまとった新曲。
ミュージックビデオでは、NHK連続テレビ小説
「梅ちゃん先生」の抒情派ジオラマ作家の山本高樹とのコラボが実現。
村上の歌唱シーンと山本作の昭和を再現したジオラマとの合成映像で
昭和30年代と現代との時代のアンサンブルを奏でている。

「泣いて泣いて」は、加藤和彦 幻の未レコーディングのカバー作品で
昭和40年代に燦然と輝くフォークの世界を表現。

「花嫁になるあなたへ」は、昭和50年代からのニューミュージックを彷彿とさせる。

「はあべすと」は、作詞 村上紗由里、作曲 村上紗由里/田鹿ゆういちの作品。
村上自身の等身大の音楽史が詰まった一曲といえる。

バラエティー豊かな楽曲をサウンドで支えたのは
吉田拓郎、南こうせつ等巨匠達が最も愛し、必要とした
ギターリスト徳武弘文と彼のバンド「鉱石ラヂヲ」。
現役の昭和ノルタルジックな音色と演奏が優しく包み込む。
音楽ファンも唸る出来映えのミニアルバム『すいかずら』、
2017年上半期、超おすすめの一枚です。


村上紗由里「忍冬 すいかずら」
「美しく豊穣な昭和の夢」と「脆く儚い現代(いま)的な想い」、
このふたつ感性の間でたゆたうと歌うシンガーソングライター村上紗由里。
昭和の色が濃く漂う彼女の待望の新作MV「忍冬(すいかずら)」は、
NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のジオラマ作家とのコラボ作品です。

【幸田悟/すいかずら】
ARTIST:村上紗由里
CD TITLE:『すいかずら』
RELEASE:2017年5月10日
PRICE:1,852円(without tax)
CODE:BZCS-1154
詳細:村上紗由里 Official Website

村上紗由里『すいかずら』収録曲
1)忍冬 作詞・作曲:村上紗由里
2)面影橋から 作詞:及川恒平 作曲:及川恒平
3)泣いて泣いて 作詞:サトウハチロー 作曲:加藤和彦
4)花嫁になるあなたへ 作詞・作曲:村上紗由里
5)はあべすと 作詞:村上紗由里 作曲:村上紗由里/田鹿ゆういち
6)さよならの歌 作詞・作曲:寺尾紗穂

【村上紗由里 PROFILE】
千葉県に生まれ。高校卒業後音楽専門学校に入学。
作詞作曲の基礎を学び音楽仲間達と路上ライブを始める。
2014年、音楽活動の拠点を都内に移す。
同年6月、伝説のロック喫茶B.Y.G主宰の「東京うたの日コンサート」のルーキー・ステージに出演。
2015年、都内のライブハウスを中心に、ソロ・パフォーマンスでのライブ活動の幅を広げ
年間100本を超えるステージを経験。
2016年3月、日本のフォーク・ミュージックの黎明期を創設したレーベル
ベルウッド・レコードより、ライブ会場限定盤CD『無情』でプレ・デビュー。
同年6月にはミニ・アルバム「落陽」で本格的な全国デビューを果たす。
12月にはアナログEPとカセット・テープ限定シングルとして
「あげます/泣いて泣いて」をリリース。
2017年5月10日には満を持してセカンド・ミニアルバム『すいかずら』をリリースする。
「美しく豊穣な昭和の夢」と「脆く儚い現代(いま)的な想い」、
この二つの感性の間でたゆたう言葉とメロディーで魅了する。

沖縄LOVEweb INFORMATION

▶︎沖縄LOVEwebへの情報掲載のご依頼はこちらをご覧ください


沖縄音楽旅行をWEBで! バックナンバー入手も可能!! 詳細は以下のリンクで
▶︎沖縄音楽旅行 WEB版 Back Number 一覧はこちら
沖縄音楽旅行全22巻 全巻コンプリートしてください!
▶︎沖縄音楽旅行設置店舗一覧MAP
沖縄音楽旅行本誌は上記リンクで入手可能!


沖縄アーティストのインタビュー動画なら沖縄LOVEwebTV!
BEGIN、ORANGERANGE、MONGOL800など
沖縄アーティストへのオリジナルインタビュー動画、随時更新!
▶︎沖縄LOVEwebTV YouTubeチャンネル

コメントは受け付けていません。

ホーム > プレビュー > DISC Preview > 村上紗由里『すいかずら』