ホーム > 沖縄音楽活用型ビジネスモデル創出事業 > 沖縄音楽旅行 > 宮城姉妹 SPECIAL INTERVIEW|沖縄音楽旅行 Vol.34

2019年11月5日

宮城姉妹 SPECIAL INTERVIEW|沖縄音楽旅行 Vol.34

,,,,,

Share on Facebook

女性として人生を謳歌し、軽やかに歩んでいきていきたい
『NA・NA・NA VIDA』に込めた思い

Interview & Text:幸田悟

ーー沖縄サンバ&アシェユニット・アンダギーニャを結成して10周年を迎えました
Kayoko サンバが趣味で集まった集団だったんですが、まさか自分が仕事を辞めて、サンバに人生を捧げるとは思いませんでした。濃厚な10年で感覚的にはあっという間という感じです。
Yayo もともとストリート系のダンスが好きで、サッカーチームのチア・リーダーをやってました。サンバを始めたキッカケは姉の誘いです。サンバ・ダンスのステップは、かなり難しく、マスターしようと一生懸命になってたらいつの間にかハマってしまって……。東京のプロダンサー、ジンさんのサンバ・ダンスを見た時、なんて素敵なステップなんだろうと思いました。私の中のサンバのイメージが大きく変わり、本場ブラジルでサンバを感じたいとブラジルへ行こうと姉を誘いました。

ーー2012年に、日本人初の姉妹パシスタ(花形ダンサー)として、本場のカーニバルへ出場!!
Kayoko ブラジルのみなさんは、サンバ・カーニバルに全てをかけてます。日本では感じることができない、カーニバルにかけるエネルギーが伝わってきました。彼らにとってのサンバは生きるための原動力なんです。本場のカーニバルに参加しないと感じることができなかったと思います。日本に帰って、サンバの奥深さを伝えたいと思いました。
Yayo 「沖縄とブラジルの懸け橋になろう」そんな思いで立ち上げたのが姉妹ユニット宮城姉妹です。歌と踊りで、沖縄から元気を発信したいと2013年に結成しました。

ーー音源としては、2013年「オキナワンカーニバル」、2015年「チムボンボン~世界が開く時~」、2017年「ダンサビラ」と県出身シンガーソングライターの石川清貴が音楽プロデュースを担当し、コンスタントにシングルCDをリリースしてきました
Yayo もともと姉妹揃って石川清貴さんのファンでした。宮城姉妹でCDを作りたいとなった時に思い切って相談したんです。そしたら私の詞に曲をつけてくださり、サウンド・プロデュースを担当することになりました。私たちのサンバに対する思いを乗せた歌詞に、清貴さんがサンバのグルーヴに、優しいメロディーと素敵なアレンジを加えて、宮城姉妹オリジナルのサウンドが誕生しました。私たちの曲が、サンバを知るきっかけになってくれればと思います。
Kayoko 「オキナワンカーニバル」は、ブラジルのサンバ・カーニバルへ参加した時の気持ち、チャレンジする勇気、夢が叶った感謝の思いなどが詰まった曲です。この歌がきっかけでチャンスが広がり、新しい交流が生まれ、新しい扉が開きました。そのワクワク感を曲にしたのが「チムボンボン~世界が開く時~」です。3度目のブラジルへ渡航の時に下町のカーニバルに参加したんです。すると、都会にはない純粋なサンバへの情熱を感じたんです。「生きるために踊るサンバ」を表現したいと「ダンサビラ」を制作しました。

ーーそして話題になったのはKayokoさんの令和婚! おめでとうございます!!
Kayoko 沖縄イチ派手女を自負している私にも、理解ある素敵なパートナーと出会うことができました。「おばぁちゃんになってもサンバは楽しめる」が口癖の主人です。結婚してもますます派手に活動できます! 理解ある夫に感謝です!!

ーー2019年11月、オール新曲の待望のミニアルバム『NA・NA・NA VIDA』をリリースしました。これまでの曲をまとめた形ではなくオール新曲というのがいい!!
Kayoko アルバムタイトルの『NA・NA・NA VIDA』とは、「NA・NA・NA」のハミング音と、「NA VIDA(人生で)」ポルトガル語を掛け合わせた造語です。人生を謳歌しようという意味が込められてます。
Yayo これまでのシングルで伝えられなかった宮城姉妹の一面を伝えたいと、全曲新曲でアプローチしました。ソロの曲を盛り込み、それぞれの個性を際立たせてます。次へのステップにつなげるための作品でもあります。

ーーでは、沖縄音楽旅行恒例収録曲全曲解説を
M.1 Bem-vindo ao Irmãs Miyagi mundo
ーーライブで宮城姉妹登場のSEに使えそう。これからライブが始まるそんなワクワク感があります
Kayoko ポルトガル語で「宮城姉妹ワールドへようこそ」の意。アルバム導入、イントロダクションの曲です。

M.2 NA・NA・NA VIDA
ーー安定のオキナワン・テクノ・サウンドにのせて届けるタイトルチューン! 同世代の女性に共感系の歌詞も抜群にいいですね
Yayo 宮城姉妹の旅はまだ終わらない。生活や環境の変化、日々色々な事があるけれど、更に人生を前向きに謳歌して進んで行こう!といったエールソングです。爽快感あふれるアップ・テンポなナンバーに仕上げました。

M.3 花火 Memórias de verão
ーーロマンチストなYayoさんならではの乙女心を歌う胸キュンでドラマチックなラブ・バラード
Yayo 私(妹 Yayo)のソロボーカル曲。夏から秋へと移り変わる季節の中で、「夜空に咲く花火、散る花火」、揺れ動く切ない気持ちを表現したミディアムバラードです。「Memórias de verão 」は「夏は終わらない」という意味があります。

M.4 Magic Me
ーーYayoさんとは対照的なパーティー・ピーポー・チューンなKayokoカラー全開の曲!
Kayoko そうそう(笑)。これは私のソロボーカル曲です。誰にでも秘めた魅力があります。「あの人を振り向かせる為、魔法の力を借りてパーティーに行こう! 」という内容。舞台はミラーボールが眩しいダンス・パーティ。思いっきりSEXYなダンスチューンに仕上がってます。

M.5 ありがとう
ーー宮城姉妹から全てのリスナーに送る感謝の曲。デビューからこれまでが走馬灯のように蘇ってきます。ナダグルグル(涙が出そう)しそうになりました(笑)
Kayoko 宮城姉妹のデビューから、ここまでの歩みを描いた「宮城姉妹第1章を完結させる」バラード。全ての人へありがとうを込めて収録してます。

※M.6は、NA・NA・NA VIDA -Instrumental- M.7は、ありがとう -Instrumental-なので解説は割愛

ーー宮城姉妹第1章を完結というとですが、第2章に向けての宮城姉妹の活動は?
Kayoko 女性には、いろんな節目があり、さまざまな環境の変化を経験します。第1章は、夢に邁進するイケイケの宮城姉妹でした。次のステップの第二章では、沖縄の女性の強さ、しなやかさ、包容力をプラスした表現ができればとも思います。どんな宮城姉妹に変化していくかは、お楽しみに!!

ーー読者にメッセージをお願いします
Kayoko 『NA・NA・NA VIDA』では、新しい宮城姉妹の魅力を発見できると思います。ジャケットもとても良い仕上がりになってます。ぜひCDを手にとって楽しんでもらえればと思います。
Yayo これからの人生もますます音楽とサンバで楽しもうというCD! みなさんへの応援歌として聴いていただきたいです!
宮城姉妹 これからも応援よろしくお願いします!!

宮城姉妹 INFORMATION

宮城姉妹主催の「第6回ブラジルサンバダンスコンサート」が2019年 11月17日(日)沖縄県男女共同参画センター てぃるるにて開催。今年は 沖縄サンバ&アシェユニット・アンダギーニャ結成10周年の記念&宮城姉妹のミニアルバム『NA・NA・NA VIDA』リリース記念のW記念コンサートになります。アンダギーニャの恩人、サンバダンサーのジン(from東京)とパーカッショニストの翁長巳酉をゲストに迎えアンダギーニャ、宮城サンバダンス教室 受講生、宮城姉妹 Whith キッズダンサーズなど総出演で盛り上げます。家族で楽しめるブラジルサンバダンスコンサート、ぜひ会場へ!!

第6回ブラジルサンバダンスコンサート
日時:2019年 11月17日(日) 
時間:開場 13:30 開演 14:00(約2時間公演)
会場:沖縄県男女共同参画センター てぃるる
住所:那覇市西3-11-1
主催:宮城サンバダンス教室 070-5497-3438
出演:ゲスト|ダンサーJin、翁長巳酉(パーカッショニスト)
   アンダギーニャ、宮城サンバダンス教室 受講生、宮城姉妹 Whith キッズダンサーズ、
   その他 サンバを愛する仲間達の友情出演 etc…
入場:前売 2,000円   当日3,000円
   ※小・中学生対象の割引前売券(¥1000)を10月末迄に特別販売
   ※4才以下のお子様は入場無料。但し、お席は譲り合いにてご協力をお願いいたします。
   ※全席自由
券売:https://miyagi-samba-school.jimdo.com/ticket/

第1部「宮城姉妹LIVE&ダンス小作品集」
宮城姉妹新曲レコ発LIVE、サンバ・AXE・ワールドダンス etc…

第2部「アンダギーニャ10年の歩み~沖縄で出逢ったブラジル文化SAMBA~」
沖縄のサンバグループアンダギーニャ設立から10年。これまでの歩みを振り返りながら改めてサンバやブラジルダンスの魅力をストーリーでお伝えします。

歌う琉球サンバユニット宮城姉妹のオール新曲の待望のミニアルバム『NA・NA・NA VIDA』を2019年11月6日リリース。アルバムタイトルの『NA・NA・NA VIDA』とは、「NA・NA・NA」のハミング音と、「NA VIDA(人生で)ポルトガル語」を掛け合わせた造語。2013年の第一弾シングル「オキナワンカーニバル」から沖縄とブラジルの架け橋として、南国の元気・勇気を軽快なリズムの応援歌として届けてきた姉妹。今回のミニアルバムも、県出身のシンガーソングライター石川清貴が音楽プロデューサーとして全曲手がける。CDデビューから6年。年を重ね、環境やライフスタイルが変わっても、まだまだその歩みをとめない。明るい音楽とダンスでこれからも人生を謳歌する! そんな宮城姉妹第1章を括る1枚。タイトル曲「NA・NA・NA VIDA」他、それぞれのソロボーカル曲、バラード等、全7曲収録、必聴です。

【宮城姉妹/NA・NA・NA VIDA】
ARTIST:宮城姉妹
CD TITLE:『NA・NA・NA VIDA』
RELEASE:2019年11月6日
PRICE:1,500円(without tax)
CODE:SAMBA04
詳細:宮城姉妹 Website

【宮城姉妹 『NA・NA・NA VIDA』収録曲】
M.1 Bem-vindo ao Irmãs Miyagi mundo
M.2 NA・NA・NA VIDA
M.3 花火 Memórias de verão
M.4 Magic Me
M.5 ありがとう
M.6 NA・NA・NA VIDA -Instrumental-
M.7 ありがとう -Instrumental-

沖縄LOVEweb INFORMATION


エンドユーザーに届き、しっかり伝わる情報発信! 沖縄LOVEwebへのお問い合わせ&掲載依頼はこちら!!
▶︎沖縄LOVEwebへの情報掲載

沖縄音楽旅行をWEBで! バックナンバー入手も可能!! 沖縄音楽旅行全32巻 全巻コンプリートしてください!
▶︎沖縄音楽旅行 WEB版 Back Number 一覧はこちら

BEGIN、ORANGERANGE、MONGOL800など沖縄アーティストへのインタビュー動画、随時更新!
▶︎沖縄LOVEwebTV YouTubeチャンネル


沖縄ちゅらサウンズ♪ 音源視聴・購入はQRコードから

コメントは受け付けていません。

ホーム > 沖縄音楽活用型ビジネスモデル創出事業 > 沖縄音楽旅行 > 宮城姉妹 SPECIAL INTERVIEW|沖縄音楽旅行 Vol.34